<業種分類>

A 第1種事業(製造業)

B 第2種事業(小売業)

C 第3種事業(製造小売業)

D 第4種事業(飲食、保険業等のサービス業)

E 第5種事業(不動産、運輸通信、サービス業)

<人件費から見た業種別予算配分>

人件費を月額30万円と設定した場合、月額の全体概略は以下のようになる。

業種 売上高     固定費     流動費  人件費  経常利益

A   6,250,000    1,560,000    4,310,000     300,000      80,000

B     2,500,000       630,000     1,500,000     300,000     80,000

C     1,560,000       390,000        800,000     300,000     80,000

D     1,170,000       290,000        500,000     300,000     80,000

E         940,000       240,000       330,000     300,000     80,000

・固定費…売上の増減にかかわらず毎月一定にかかる経費

・流動費…売上高と関連し売上が伸びれば伸びるほど増えていく費用

 <設備投資の限界> 

7年返済、売上の10%相当額(減価償却費、固定費)

A     52,000,000  (月額   619,000)

B     21,000,000   (月額 250,000)

C     13,000.000   (月額 155,000)

D     10,000,000   (月額 119,000)

E       8,000,000   (月額  95,000)

※これらは、1人の単価で見た数字であるから3人で事業する場合、

5人で事業する場合、おのずと数字や割合が変わってくる。

人数が増えることの利点は固定費がそれほど変化しないので、

利益率が上がってくる。人財といわれる所以だ。