『ひできとまるこの3つのお話』2008年(平成20年) 8月6日 那須高原の真夏の夜

 連日の雷雨、停電。この日もそんな天気予報のなかでの開催。雨天用に室内も同時準備。幸いにも夕方に晴れ模様。
ひどい湿気の中、「ぜったい演奏者と観客に楽しんでもらうんだ」という強い気持ちを持ち会場設営におおわらわ。無事リハーサルも終わり、6時30分にはお客さん受け入れOK状態。すごいですね皆さん、時間どうりに来場。一人一人に声をかけ、7時にはオープンという運びとなった。「出会いの数ほど夢がある」のコンセプトをもとに湯田のマイクパフォーマンスで会食歓談、来場者のアバウトな自己紹介におよそ1時間余り。8時30分、ルパン三世の曲からライブオン。なじみのある曲で一転して心はリラックス、異次元世界に。あっと言う間もなくエンディングへ。
「えっ、もう終わり?」っていう感じ。
「初めて聴く人たちなので1時間が一杯一杯かなぁ」という湯田の思いによる企画は、間近で見る演奏の迫力でこっぱみじん。

 「非日常的な事柄が年々減っていく」これを老いると言い、
これが全く無くなってしまうとボケ始めていく。心を揺り動かす刺激=感動は生きていく上には大切な頭の栄養素。目、耳、肌から入る感動刺激にはライブ音楽が一番良い。これを音楽療法と湯田は思っている。ゆえに「1年に1回はやらないと病気になってしまう」との戯言を言い続けているのです。
ただ翌日の腰痛、筋肉痛が辛い(^^ゞ
                                                                        湯田孝次談
                                                                                                                                                                                                                                                                                        真夏の夜の熱い野外コンサート                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<出演>   大須賀ひでき(ギター) まどかまるこ(バイオリン) シモシュ(キーボード) たぬ(ベース)<音響・照明> (株)栃木プロジェクトプロ<料理> 榊原会館 室井御夫妻(そば)
<会場設営>渡辺清一 川上強 大沼彩朋<企画制作> 湯田孝次
大須賀ひでき氏blog→ http://blog.livedoor.jp/ytko1956/archives/52099673.html
シモシュ氏サイト → http://www11.ocn.ne.jp/~xjam/