東北大震災からの生活復興にかける人達のニュースをTVで見るたびに涙腺がゆるみっぱなし。そして、何もしていない自分を、何も出来ない自分を省みて、ふがいない自分自身を嘆いている。何もしていない理由、何も出来ない理由を一生懸命考えながら・・・・・・無意味な、無駄な自己正当化。つまらない自分に責を感じながら。
結局は、残念ながら、自分が出来ることはわずかな、お金の寄付だけ、日々の生活のなかでのお釣りは全てチャリティーに募金をしている。年を取ったものだと自責の念が、この時だけ、幾分かは楽になる。たくましさが消えていく自分自身に、細くなっていく生命感を気づかされる。

過日、教え子がやっている歯科医院へ歯の治療をしに行って来た。彼はボランティア活動家の第一人者。現在は「ハローアルソン・フィリピン医療を支える会」の団長として毎年、フイリピンの無医村地区へ50〜60人から成る歯科医療ボランテァチームの団長として大きな活動をおこなっている。今回、彼は早速、災害地での最も被害がひどかった南三陸町へ医療物資を持ってすっ飛んでいった。自衛隊よりも先だ。そして私にその報告書を診療後、手渡してくれた。その中の一筆を紹介したい。
**********************************************************

食料がなければ皆で分け合いましょう
不安や恐怖で震えている人がいれば、抱きしめ支え合いましょう

高齢者といわれるお年寄りの皆さん
戦時中、焼け野原で何もない時代に作り上げた先輩方の知恵と忍耐を今こそ私たちに教えてください。

団塊の世代といわれる皆さん
戦後この日本を支え発展させた技術、根性、力をもう一度お貸し下さい。
そして、決して私たちの世代は良いけれど、若い人達が可哀想などと言わないで。

30代からの私たち。今こそ、この日本を支え、未来に繋げるのは私達しかいないのです。

20代の若者達よ。未来に悲観するな。明日を信じて必ずこの国を素晴らしい国にして下さい。

そして、

子供達よ・・・・・・大丈夫。大丈夫。君たちに私達大人が付いている。一生懸命勉強し、一人でも多くの光を繋げて下さい。災害に負けるな、恐怖に負けるな、悲しみを乗り越えよう。

今こそ一つに、今こそ耐えましょう。そして、今こそ、支え合い、明日に希望を持ちましょう。

「世界最大規模の災害ならば、世界最大の愛で支え合おう」


**********************************************************
読みながら、涙が止まらない。今日は一日中泣きっぱなし。
涙腺が老化のためか緩みっぱなし。
何も出来ないダメな自分を抱えて・・・・・・・・。