kaigo-04年末から、三叉神経痛用の薬を 投与したら、様態が急変。意識が混濁し正月の三日間は完全付き添い。飲食も取れなくなったため 点滴で対応。牛井渕看護士と菊地 医師が休みを返上して、
対応してくれた。有りがたいことです。
kaigo-02-150x150
kaigo-06

歯ぐきの痛みとなる三叉神経痛 は関口歯科医におまかせ。
原因は脳梗塞の後遺症。

正月5日、ようやく認知が可能となったが、この間、認知の出来ない寝たきりだったため汚物から雑菌が膀胱へ、大量の血尿が、そのため1時間おきにおむつ交換とトイレへ。24時間体制で(ちょっと、つらかった)。血を止めるために血液サラサラ薬を一時中断血栓と梗塞、それと寝たきりによる歩行困難の心配が…。でも、育ててくれた親への恩返し、全力を挙げて最後まで介護はやりきる覚悟今日15日は、様態も安定。意識もしっかり言葉にも力がこもってきた。

来月からリハビリ専用の理学療法士;藤川さんが入社予定。
陣容が少しずつ集まって、整ってきた。「在宅介護は地域のチームワークで」が私の夢
少しの負担で在宅介護が出来るために、まずは私自身からいろいろと経験・体験していかねばと頑張っています。

kaigo-05
 

kaigo-07